【東京ボランティア・市民活動センターの資料室を利用される方へ】

TVACの資料室は2013年春から耐震化工事と資料整理のため閉室していましたが、7月にリニューアルオープンしました。 詳しくは以下のリンク先をご覧ください。

» 「ボランティア・市民活動情報資料センター」 リニューアルオープン (TVACニュース)

子どもたちの叫び
児童虐待、アスペルガー症候群の現実

【 著者 】  内野真+オザキミキオ
【 監修 】  モバイル・コミュニケーション・ファンド
【 発行者 】  NTT出版
【 発行年月日 】  2007年4月


この本を所蔵している
ライブラリーは:
ボランティア・市民活動情報資料センター
(東京ボランティア・市民活動センター)
ライブラリー内の分類等子どもとボランティア・市民活動 (Vヲ)
ライブラリー内の書籍ID9007503

体裁B6・237ページ
ISBN978-4-7571-4153-7
価額1,500円

キーワード●はじめに

「特定非営利活動法人モバイル・コミュニケーシ.ン・ファンド」は、二〇〇二年にNTTドコモグループ創立一〇周年事業の一環として、幅広い分野への支援事業を通じて社会全体の利益に寄与することを目的に設立されました。
その活動事業のひとつとして、二〇〇三年から「ドコモ市民活動団体への助成」を開始しました。
これは、「子ども育成・子どもを守る」をキーワードに、家庭内・地域社会等の中で弱い立場にあり、被害を受けやすい子どもたちにふりかかる児童虐待、非行、不登校、引きこもり、貧困、地域犯罪等の諸問題に取り組む活動です。
具体的には、子どもの育成のために活動する市民活動団体への支援を通じ、未来の社会を担う子どもたちが、明るく、健やかに成長できる社会づくりを目指しています。
本書の出版により、「今、子どもたちに何が起きているのか」という現状を広く社会の人たちに知っていただき、その問題意識を共有化することが、様々な子ども問題に取り組まれている市民活動団体への間接的な支援となり、それが子ども問題を解決する大きな力になることを期待しております。
また本書は、あえて「小説」という表現形態を選択しました。それは、私たちが日々経験している日常のストーリーのなかで子ども問題を表現することにより、読者の方々に、より身近にそしてリアリティを持って理解していただけると考えたからです。
「特定非営利活動法人モバイル・コミュニケーション・ファンド」は、「ドコモ市民活動団体への助成」事業を通じて、子どもたちへのいじめや虐待のない、豊かな社会環境づくりに役立ちたいと考えております。

特定非営利活動法人モバイル・コミュニケーション・ファンド
理事長 立川敬二
備考--

所蔵者情報: 東京ボランティア・市民活動センター / ボランティア・市民活動情報資料センター ホームページ


TEL03-3235-1171 FAX03-3235-0050 Emailcenter@tvac.or.jp
閲覧サービスご自由に閲覧いただけます(一部貴重書籍のみ閉架)
貸出し図書の貸し出しは行っていません。
利用資格とくになし。どなたでもご利用いただけます。
利用料金無料。初回のみ500円の登録料をいただきます。
最寄り駅JR総武線・飯田橋駅西口徒歩1分、「セントラルプラザ」10階です。地下鉄(有楽町線/東西線/南北線/大江戸線)なら「B2b出口」を上がってすぐ。地図はこちら: http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html
開所時間など火曜〜土曜は9:00〜21:00。日曜日は9:00〜17:00。月曜、祝日、年末年始は休館いたします。

※その他の情報はこちらをご覧ください。